とある阪大生のブログ

理系大学生 level20 ♂ 気になって調べたり考えたりしたこと書きます

真の蕎麦を食したことがあるか

新そばの季節になってきましたね。

 

 

滋賀に帰省している際、父と母と3人で信楽のお蕎麦屋さんに行ってきました。

信楽といえば焼物(特にたぬきのやつ)が有名ですが、おいしいお蕎麦屋さんもたくさんあります。陶芸体験や焼物ショッピングを楽しんで、そしておいしいお蕎麦を食べる、といった日帰り旅行もいいと思います。

f:id:toaruhanndai:20180925043806j:image

 

今回訪れたお店は『市のせ』

信楽 蕎麦 ]で検索しても食べログとかには出てこないお店。また、お店の場所も人里離れた魔境にあります。

入店するのをためらう母に対して、せっかく来たのだから行こうとする父と僕。こんなところに店を建てるなんて、よっぽど味に自信があるに違いない。そう父は立て続けに同じことを5回言った。普段から同じことを何回も言わないで。ボケてきてるのか?と言ってるのだけれども…

車を適当に停めて入店。店はこんな感じ。f:id:toaruhanndai:20180925034827j:image

入り口にあった札。

f:id:toaruhanndai:20180925034925j:image

こんなのを見たのは初めてだった。今日は18人分しか作らないみたいだ。この店が本格派であることを悟る。

店の中は4人がけの机が2つと4人がけの囲炉裏。

f:id:toaruhanndai:20180925035301j:image

机席に座り、お品書きに目を通す。今回頼んだのはこちらの『花』↓

f:id:toaruhanndai:20180925035628j:image

まず最初に出てきたのが蕎麦豆腐。(最初にことわっておきますが、僕はグルメレポートなんて出来ないので、拙い表現になってしまうと思います。味を知りたい方は実際に行ってみてください。)

f:id:toaruhanndai:20180925035929j:image

蕎麦の風味、味がする豆腐。初めて食べた。おいしいのはおいしいんだろうけど、って感じだった。僕の評価することのできる範疇を超えている。ただ一言、これ好き。

 

次に出てきたのが細いお蕎麦

f:id:toaruhanndai:20180925040602j:image

北海道のそば粉を使用したものらしい。注目してほしいのが、画面上部にある、葉っぱの焼物の上の塩。塩を少し麺にふりかけ、蕎麦をそのままツユに浸さずに食べ、麺そのものの味を楽しむ。(ツユに浸して食べると、蕎麦の味は弱いので、本来の味がわからなくなってしまうのだ。)これが真の蕎麦なのか⁈といった感じ。上品な蕎麦の風味と味が楽しめます。

 

次に出てきたのが太めのお蕎麦。

f:id:toaruhanndai:20180925041351j:image

埼玉と福井で取れた蕎麦粉を使用した10割蕎麦。そのまま何もつけずにいただく。力強い蕎麦の味がした。あぁ、これが蕎麦なのか、といった感じ。ほとんど何もつけずに食べきってしまった。それくらい蕎麦自信の味が美味くて、たくましかった。

 

最後にツユを蕎麦湯で割って、飲んだ。

 

本当にこの店はすごかった。そんなに蕎麦を食べ尽くしているわけではない僕が言うのもなんだが、今まで食べた蕎麦とは異次元。あぁ、日本に生まれてよかったと思える味。こんな言葉でしか表現できないのが悔しいが、ぜひ一度足を運んでみていただきたい。言葉で表現できる範囲を超えている…

 

最近思うのは、僕らは店を実際の味ではなく、インターネット上の情報で選んでしまっているのではないだろうかということ。

いい匂いがするから、といってふらふら〜と店に立ち寄ってご飯をいただくのも、たまにはいいのではないでしょうか?

 

 

魔境にひっそりと立地する、お蕎麦屋さんのお話。