とある阪大生のブログ

理系大学生 level20 ♂ 気になって調べたり考えたりしたこと書きます

〜時を味わう〜

 

1日1記事は書こうと思っていたのに…

 

まぁ、いきなり目標達成できずでしたが、まったりいきますか。

 

 

この前滋賀の実家に帰りました。

滋賀には琵琶湖しかない、なんてよく言われますが、いい所もちらほらあります。よ

 

秘境みたいなところにあるのですが、滋賀にいる時に『ふくろう珈琲店』に行きました。

f:id:toaruhanndai:20180925010346j:image

知る人ぞ知る店で、他府県の方からも来られます。場所もかなり外れたところにあるのですが、営業日も金曜、土曜、日曜のみです。行く時は気合入れて行きましょう。客席数が多いというわけではないので、お昼時はかなり混みます。時間を外して行くのが良いかと。

 

この店の何がこんなにも人の心を掴むのか。

ここでは他の珈琲店では味わえない体験をすることができる。メニューはこちら↓

f:id:toaruhanndai:20180925011655j:image

初めての入店だったので、とりあえずふくろうブランドを注文。しばらくすると、店員さんからこんなものを渡される(ミル)。


f:id:toaruhanndai:20180925012135j:image

f:id:toaruhanndai:20180925012138j:image

驚いた顔をしていると、こちらを50〜70回転させて豆を挽いてください、と言われた。ワクワクしながらグルグル回す。珈琲のいい香りがする。

粉にすると、お次はこちら↓


f:id:toaruhanndai:20180925013412j:image

f:id:toaruhanndai:20180925013415j:image

コーヒー粉末をサイフォンに入れ、下の水をアルコールランプで加熱する。加熱を続けると、下の部屋の水が沸騰し、上の部屋にどんどん入って行く。


f:id:toaruhanndai:20180925013904j:image

f:id:toaruhanndai:20180925013907j:image

大体の水が上の部屋に行ったら、砂時計で1分測る。濃いのがいい人は1分、薄めが好みの人は2.30秒後にアルコールランプをサイフォンの下から外す。すると、上の部屋から珈琲がどんどん下の部屋に帰ってくる。


f:id:toaruhanndai:20180925014339j:image

f:id:toaruhanndai:20180925014336j:image

完全に下の部屋に珈琲が帰ってきたら、上の部分を外し、カップに注ぐ。

美味しくいただく。

f:id:toaruhanndai:20180925014633j:image

(ワッフル付きで700圓)

 

僕は珈琲が好き。

珈琲に関する蘊蓄を持ってはいないし、語ることはできないんだけど、ここの珈琲はすごかった。香りや味、雰囲気だけでなく、作る楽しみも味わうことができた。

 

日頃の生活で疲れきった方、週末の癒しとして訪れてみてはいかがでしょうか。この不苦労の珈琲店に。

 

 

 

 

昔見ていたアニメ、機動戦士ガンダムseed Destiny に出てくる珈琲好きのアンドリュー・バルトフェルトさんのこれ↓f:id:toaruhanndai:20180925021202j:image

の正体が判明してスッキリしました笑。

 

僕は高校生の時、授業中や放課後の自習室でよく睡魔に襲われてしまっていたので、母に毎日水筒の中に珈琲を入れてもらってました。カフェインで眠気を飛ばそうという作戦でした。珈琲をいくら飲んでも眠気は来てしまうのですが、珈琲の利尿作用で眠気を退治していました。トイレに行って、小便をすると不思議と眠気がとびました。

 

ちなみにカフェインに関していうと、我々日本人は珈琲よりも緑茶の方が眠気覚まし効果があるそうです…